銀座の歌声喫茶ローレライ、屋台、交通会館の回転式レストラン

銀座で遊んでいた、というか、デートだったり、仲間と飲んだり、買い物をしたりするのはいつも銀座でした。

今から30年も前のことです。

銀座というと、高級、ブランド品、高額、という印象がありますが、そんなことはありません。

路地に入れば、昔ながらの焼き鳥屋もありましたし、当然デパートに行けば、高いものだけではなく手の届く品もたくさんありました。

渋谷、新宿、池袋といった、若者の熱気というか雑駁さが、若いくせに苦手で、そういう雰囲気のない、いい意味でおっとりした感じのある銀座が性に合ったのです。

でも、最近の銀座は、外国人観光客にまさに席巻されている感じで、そういうおっとりした雰囲気はかなりなくなってきたと聞きます(大阪に転居したので、最近の銀座を実見していないのです)。

それはそれで時代の流れで仕方ありませんが、昔の(というか30年前にまだあった)銀座からなくなってしまったものをいくつか挙げてみます。

ひとつは、銀座通りに出ていた屋台です。

私の生まれて間もない昭和30年代は全盛だったときいたことがありますが、私が銀座で遊んでいたころにはまだ、安倍川餅を焼く屋台などがそこここにあって、いいにおいを発していました。

飲んだ帰り道にも、その匂いを嗅ぐと、ちょっと1つ買ってみて、食べたりしたものです。

2つめは、交通会館というのが有楽町の駅の前にあり、その屋上が、回転式のレストランでした。

円筒形をしていて、その窓際にテーブルが並び、ゆっくりとその円筒が一周して、周囲のまだ高層のビルがない銀座の夜景を楽しむことができました。

それで私はお気に入りでしたが、1回そのゆっくりした回転になぜか酔ってしまい、それ以来ご無沙汰しているうちにビルごとなくなってしまいました。

3つめは、「ローレライ」です。

銀座のローレライといえば、知る人ぞ知る歌声喫茶です。

この私ですら、歴史の中の知識としてしか知らない歌声喫茶というものが、まだ1軒だけ当時の銀座にあって、私はよく友達数人と出かけ、自分たちより2周りも年齢が上の人たちと一緒に、大声で歌ったものです。

先に書いたように、なかなか最近は銀座に行くチャンスがありませんが、今では行ってももう自分の感じていたシンパシーのようなものは感じないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です