銀座松屋レストラン街の蕎麦屋と銀座ウエストのロイヤルミルクティー

地方に住んでいると東京にはとても憧れます。

とくに銀座というと何だか敷居が高くて庶民が歩く場所ではないイメージがありました。

何年か前にコンサートで東京を訪れた際に、せっかくだから東京見物をしていこうと思い、興味のあった銀座に行ってみることにしました。

銀座は歩行者天国になっており、とても広々した通りで驚きました。

こんなに広いのに車が通らないなんて、なんて贅沢なんだろうと思ってしまいました。

昼食時に行ったので何か食べなくてはならず、どうしようか悩んで百貨店のレストラン街に行きました。

松屋という百貨店だったと思います。

地方では聞いた事のない百貨店だったので新鮮でした。

そこのレストラン街にあるお蕎麦屋さんで食事をしました。

東京でそばを食べるのは初めてだったのですが、濃いめのつゆで、そばがとても美味しかったです。

東京のそばは予想以上に濃い目で驚きました。

その後は特に用事もなかったのですが、せっかくなのでうろうろしてみることにしました。

見るものすべてが新鮮で、歩いている人がとてもおしゃれなマダムっぽい人が多いように思えました。

東京人は全体的におしゃれであかぬけてみえます。

でも思ったより庶民的なお店もあったりして意外でした。

裏通りなどに入ると昔からやってそうな洋食屋さんや小さなお店もたくさんありました。

結構うろうろ歩いていたので、少し休憩したくなってきたころに、小さなケーキ屋さんを見つけました。

間口が狭くて、入り口の横にウインドウがあり、ケーキやお菓子が並んでいました。

ケーキ屋さんで中に喫茶店もあるようだったので、ケーキに魅了され入ってみることにしました。

中に入ると意外に店内は広くて驚きました。

新しい感じではないのですがとても清潔感のある喫茶店でした。

レトロな感じで少し懐かしさを感じる店内で、テーブルには真っ白のパリッとアイロンがかかったテーブルクロスがかかっていました。

なんだか異空間に入り込んだ感じでとても居心地がよかったです。

ロイヤルミルクティーを頼んだのですが、今まで飲んだ中で最高のミルクティーでした。

ここで飲んだミルクティーは今でも忘れられない味です。

とても居心地がよくゆっくり休憩ができました。

後から分かったのですが、そこは銀座ウエストという有名なお店だったのです。

どうりでおいしかったわけです。

帰りにおみやげで買って帰ったリーフパイも最高においしかったです。

忘れられない味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です