深夜の銀座では決まった乗り場でしかタクシーに乗れない!乗車拒否されてしまうその理由とは?

私は生まれは千葉県でして銀座というのは存在自体は知っており、漫画やアニメ、ドラマ等でとても高級なお店が沢山あるセレブの街という印象でした。

正直自分の人生では関わる事は無いなと思っていたのですが、つい最近関わってしまう出来事がありました。

それが転職です。

どうして転職が関係するのかといいますと、私が転職したのが都内のタクシー会社だったのです。

都内でタクシーをする方ならば誰でも銀座の事は確実に印象に100%残るのです。

それくらいとても要注意なのが銀座なのです。

何が要注意かといいますと、ある時間を超えますとタクシーに乗るには決まった乗り場でしか乗れなくなってしまうのです。

一般的にタクシーは手を上げればどこでも止まってくれて好きな所から乗る事ができますし、それがウリといいますか、そういった便利性で他の乗り物よりも高額な金額を支払ってでも皆利用するのですよね。

その原則が通用しないのが銀座なのです。

しかもこれは一応決まっているだけで誰も守っていないんでしょという軽いレベルの話ではなく、もし違反をするととてつもないペナルティを受けるのです。

会社によってはこれをやってしまっただけで退職になってしまう位罪が重い事なのです。

なので都内のタクシー運転手からしたら銀座というのは特別な存在なのです。

都内と大阪だけはタクシーのみを取り締まるタクシーセンターという組織が存在し、そこに取り締まりを受ける事は警察から取り締まりを受ける事よりも罪が重く、この銀座は毎日の様にこのタクシーセンターの職員がパトロールをしているもう凄い危険地帯なのです。

ですので、夜遅くなり乗禁地区と言われているのですが、銀座までといわれてしまうととても焦ってしまいます。

あくまでも乗るのが禁止なだけで降ろす事は問題無いのですが、問題はその後です。

降りた先にタクシーに乗りたい人がいて勝手に乗り込まれてしまい僅か1ミリでも進んだ瞬間に違反となり、見つかったら重罪となるのです。

ですがタクシーの原則は乗車拒否はしてはいけないという原則がありますので、乗禁地区だなんて存在を知らないお客様からしたら、さっさと乗せろよとなってしまう事も多く、もう本当に命懸けでタクシー運転手は銀座を走っているのです。

銀座のホテルで結婚式を挙げるのは意外に安くておすすめ!

銀座で結婚式を挙げるのは意外と安くて驚きました。

自分が結婚式を挙げる条件として立地がいい場所でした。

お互い地方出身者で、参列者も地方の人が多かったので、新幹線が止まる駅が条件でした。

だから東京がベスト!ただ、東京駅にはそもそも式場がすくなく、あっても恐ろしく高い。

だから、東京駅から近い場所でということで銀座は高いんだろうなぁと思いながら一応見てみることに。

そしたら、意外にも安いんです!高級ホテルと同等の値段を覚悟していたのですが、ホテルによっては平均よりも安く挙げられるホテルがたくさんありました。

金額で平均より安いならば、二次会の場所も見つけやすいしでデメリットは何一つ見つかりませんでした。

また、銀座という場所で結婚式を挙げられることは、なんとなくお洒落で大人な感じもしたのも決め手の一つです。

オプションの中には銀座の通りをウェディングドレス姿で歩いて写真撮影というものもありましたよ。

さすがにそこまでやる勇気はありませんでしたが。

銀座は通勤途中でもありましたので、打ち合わせも簡単でした。

また、打ち合わせが終わった後に、銀座を散策したことも楽しい思い出です。

わざわざ銀座に行くことはない人間なので、結婚式という機会がなければあんなにたくさん銀座に行くことはなかったでしょう。

終わって、参列者からも、銀座に初めてきて楽しかったや、観光気分も味わえたといってくれる人もいました。

東京駅から一駅あるのが申し訳ないなと思ったのですが、不満には銀座というだけでつながらないんだなぁと思いました。

銀座という場所はそれだけで価値のある場所でブランドだと感じています。

パリでいうシャンゼリゼのような場所になっていくのかなぁと一個人として思います。

結婚式が終わり、引っ越しもしてしまったのでもう行く機会もなくなりましたが、いつか思い出の場所なので旦那と足を運び、ゆっくりと食事でも楽しめたらなぁと楽しみにしています。

銀座の名前の由来と歴史!全国各地に存在する○○銀座の総称でもあり、本家本元!

銀座の名前の由来と歴史について。

東京の銀座は、各地の銀座の本家でもあり本元でもあります、

東京の銀座は、全国各地に存在する○○銀座の総称でもあり、本家本元になります。

地理的には東京駅からですと、丸の内の反対側にあたる八重洲口の方になり、即ち、賑やかな中央通りから有楽町方面に向かうと、間もなく銀座1丁目から次第に銀座2丁目、3丁目となり、そして有楽町駅の正面部分の晴海通りと交差する当たりが有名な銀座4丁目に当たります。

この交差点付近が所謂、銀座の中心になるのです。

この先は5丁目、6丁目から銀座8丁目となって新橋付近にいたるのです。

この東京の銀座という名称は江戸慶長年間に徳川幕府が、この銀座の地に「銀貨幣鋳造」、所謂、銀貨の鋳造や銀地金の売買を担った銀座役所が設置されたことから始まるそうです。

当時、町名を新両替町と称していたらしく、通称として貨幣の街であることから「銀座町」と呼称せられ、明治2年になって、現在の「銀座」を正式に町名とすることに公示されたと言われまする。

現在は、其の形跡として銀座2丁目にあるティファニーというところの前の植え込みに、「銀座発祥の地」と書かれた記念碑があります。

昭和30年に、銀座連合会が建てたそうです。

銀座は現在、前記のように東京駅八重洲側近くの中央通りから、銀座1丁目から新橋駅近くの銀座8丁目と続いていますが、歌にも唄われた「銀座9丁目」というのは無いらしいです。

此の中央通りに面していない銀座も有りまして、有楽町駅界隈を西銀座といい駅前にあるマリオンや外堀通り、現在は上を首都高速が走っている数寄屋橋辺りを言います。

又、東銀座というのも御座いまして、銀座4丁目より晴海通りに沿って東側一帯を指し、歌舞伎座辺りが該当するようです。

しかし、西銀座も東銀座も通称、若しくは愛称であって実際の地名としては、ごく一部の小さい区域になるようです。

銀座は日本有数の繁華街であり、東京の中心の一つでもあります。

銀座は、東京はおろか全国屈指の高級な商店街として知られ、日本や外国においても戦前から知られていて、外国では特にフジヤマ、ゲイシャ、ギンザ、アカサカなどとともに知られていますね。

銀座は中高年のおばさんなのに綺麗な人が多い!犬もセレブ感満載!

自分は田舎者です。

たいして都会に興味もなく、テレビで銀座や渋谷などみていてもへぇーと思うだけでした。

しかし東京に遊びに行くので、せっかくなら大人の街に出向いてみるか!と思って銀座に行きました。

想像以上にすごかった。

まずは歩いている人。

中高年のおばさんなのに綺麗な人が多い!夏に言ったのですが、白いパンツにヒールにストールに日傘!田舎じゃありえない光景です。

カップルも、雑誌から飛び出してきたかのように美男美女が多く、セレブ感満載でした。

テレビのインタビューもやっていて、それにこなれた感じで返しているところにも驚きました。

また、犬も背筋がシャンとしている子が多かった気がします。

花より団子ではなく、団子より花という雰囲気でした。

次はお店ですね。

高級ブランドショップにはドアの前にドアを開けるスタッフがいました。

自分のような存在がとても入れるわけないので、まさにウィンドウショッピングですが、颯爽と入っていったOL風のヒールの女性が格好良くて今でも目に焼き付いています。

レストランも手ごろな値段の場所もありましたが、雰囲気に圧倒され、結局入ったのはチェーン店の喫茶店になってしまいました。

しかし、チェーン店の喫茶店でも、銀座というだけで味が違う気がしました。

いつものコーヒーがおいしく感じられる!そしてなにより、銀座でコーヒーを飲んでいる自分というのが大人びた気がしてにんまりしていました。

一番入りやすかったのはデパートです。

いろいろな客層がいて、店員と一対一の環境にならないので、一番上から地下まで、社会科見学のようにざっと見てきました。

そんな、大人の女一人で体験した銀座。

楽しかったです。

今はファストファッションのお店などもオープンしてだいぶ行きやすくなっているようですね。

銀座に似合う女になりたいと思っていますが、まだまだ遠い銀座の女性像。

もう少し近づくことができたら、お金を持って、買い物も食事も満喫できたらいいなぁーなんて思い描いています。

銀座の歌声喫茶ローレライ、屋台、交通会館の回転式レストラン

銀座で遊んでいた、というか、デートだったり、仲間と飲んだり、買い物をしたりするのはいつも銀座でした。

今から30年も前のことです。

銀座というと、高級、ブランド品、高額、という印象がありますが、そんなことはありません。

路地に入れば、昔ながらの焼き鳥屋もありましたし、当然デパートに行けば、高いものだけではなく手の届く品もたくさんありました。

渋谷、新宿、池袋といった、若者の熱気というか雑駁さが、若いくせに苦手で、そういう雰囲気のない、いい意味でおっとりした感じのある銀座が性に合ったのです。

でも、最近の銀座は、外国人観光客にまさに席巻されている感じで、そういうおっとりした雰囲気はかなりなくなってきたと聞きます(大阪に転居したので、最近の銀座を実見していないのです)。

それはそれで時代の流れで仕方ありませんが、昔の(というか30年前にまだあった)銀座からなくなってしまったものをいくつか挙げてみます。

ひとつは、銀座通りに出ていた屋台です。

私の生まれて間もない昭和30年代は全盛だったときいたことがありますが、私が銀座で遊んでいたころにはまだ、安倍川餅を焼く屋台などがそこここにあって、いいにおいを発していました。

飲んだ帰り道にも、その匂いを嗅ぐと、ちょっと1つ買ってみて、食べたりしたものです。

2つめは、交通会館というのが有楽町の駅の前にあり、その屋上が、回転式のレストランでした。

円筒形をしていて、その窓際にテーブルが並び、ゆっくりとその円筒が一周して、周囲のまだ高層のビルがない銀座の夜景を楽しむことができました。

それで私はお気に入りでしたが、1回そのゆっくりした回転になぜか酔ってしまい、それ以来ご無沙汰しているうちにビルごとなくなってしまいました。

3つめは、「ローレライ」です。

銀座のローレライといえば、知る人ぞ知る歌声喫茶です。

この私ですら、歴史の中の知識としてしか知らない歌声喫茶というものが、まだ1軒だけ当時の銀座にあって、私はよく友達数人と出かけ、自分たちより2周りも年齢が上の人たちと一緒に、大声で歌ったものです。

先に書いたように、なかなか最近は銀座に行くチャンスがありませんが、今では行ってももう自分の感じていたシンパシーのようなものは感じないかもしれません。

銀座ハゲ天、立田野、メッツァニイノからのプランタン銀座でウィンドウショッピング

銀座にはよくご飯を食べに行きました。

ハゲ天は天ぷら屋さんで、揚げたてを一本一本持ってきてくれます。

油にはごま油を使っており、コクのある味わいでとてもおいしいです。

祖母が遊びに来た時に連れて行ったところ、こんなお店は初めてだと喜んでくれました。

いろいろな具がありますが、セットにするとおまかせで出てくるのでいい感じです。

女性向けに、野菜を多くしたコースもあります。

あとは、甘味処の立田野によく行きました。

ここでは白玉あんみつなどをよく食べました。

白玉が絶品でとてもおいしいです。

夏に行くと、ただで冷たいお煎茶をいれてくれるのですが、それがひんやりとしていて、またとてもおいしいです。

また、イタリア料理のメッツァニイノにもよく行きました。

ピザの生地がぱりぱりとしていてとてもおいしいです。

雰囲気も入りやすく、感じがいいです。

ここも祖父母が来たときに一緒に行きました。

変わったミラノ爆弾というピザを食べました。

そのピザは丸く風船のようになっていて、つぶして食べるのですが、おもしろく、おいしかったです。

あとは、ウィンドウショッピングもよくしました。

プランタン銀座は女の子が好きなものがたくさんおいてあり、見るのが楽しかったです。

あとは松屋銀座です。

プランタンに比べ、少し大人の雰囲気です。

西銀座デパートにもよく行きました。

下着屋さんの大きなお店があり、大好きなナルエーの下着を買ったりしました。

あとは、有楽町マリオンです。

映画を見に行きました。

迫力のある大画面は、やはりここまで来てよかったなあと思いました。

帰りにいろいろなところによれますし、よかったです。

あとは以前は好きでよく行っていたのですが、もうなくなってしまったお店もいくつかあります。

日本料理のきんせんはとても好きで、何回となく行っていたのですが、いつからかなくなってしまいました。

小倉のムースの鮮やかで美しいソースが添えられていました。

移り変わりが少し寂しい感じもします。

銀座で私が必ず行くところが資生堂パーラーとザ・ギンザのお店

私はニューヨークに17年住んでいましたが、東京には住んだことがありません。

それで東京に時々遊びに行くと必ず銀座に行っていました。

一時帰国した時にも東京に住んでいる友達と一緒に銀座で食事をしたりしました。

ニューヨークで知り合った韓国人夫婦は銀座が大好きだそうで、銀座の事を「ギンジャ」と発音するのがすごく気になりました。

韓国語には日本語のザジズゼゾの発音がなく、全部、ジャジジュジェジョになってしまうので、自然とギンジャになってしまうのでした。

そんな銀座で私が必ず行くところが資生堂パーラーとザ・ギンザのお店です。

昔はフランス製のバッグプランドのラ・バガジェリーのバッグが買える店はザ・ギンザだけで、そこに行ったら必ずラ・バガジェリーのバッグを買っていました。

ラ・バガジェリーのバッグは他のブランドにはない魅力があって、そこに行かないと買えないものなので、すごく嬉しかったです。

ニューヨークに戻ってからもラ・バガジェリーのバッグはよく使っていました。

友達と銀座の資生堂パーラーで食事をすることも、一つのルーティーンになっていて、そこでとても美味しいお茶をいただきます。

最近は銀座に行っていないので、そろそろ行きたいな、と思っているところです。

銀座はいろいろなお店があって、渋谷はもう若すぎる街という感じがしますが、銀座はいつまでも身近な存在です。

今度銀座に行ったら、また資生堂に行ってコロッケを食べたいと思いますし、久しぶりにラ・バガジェリーのバッグを買いたいと思います。

銀座はすごくおしゃれな人もいれば、田舎から出てきたような人もいて、外国人もたくさんいて、国際的で華やかな街です。

特に一時期、日本人がロサンゼルスのロデオドライブで買い物をしまくっていたような感じで、中国人の観光客が銀座で爆買いをしているシーンに出会うことでしょう。

銀座はいつまでも華やかな街で、憧れの対象になるようなとっても素敵な町です。

銀座スエヒロのランチは以外に安くて美味しかった

母のお見舞いに御茶ノ水の病院行った時の事です。

旦那がトイレに行った時に、ベットで体を起している母に愚痴るように「実はね、ケンカして仲直りしたばっかりなのよ」と言いました。

母はそれを聞いて、普段は長く居て欲しいと言うのにその日だけは「じゃあ、今日は晴れてて気候も良いからこれから銀座に行ってランチしてきなさい」と言い出しました。

銀座は高いイメージがあるな、と思っていると「あのね、銀座っていってもランチは意外と安い所もあるのよ」と母は言い出しました。

母の話だと銀座には学生時代よくウィンドウショッピングとかにでかけていたとの事。

安いところも当時からチェックして友達とランチをしたりしていたそうです。

「銀座ってお母さんの高校と近いけど、まさか制服で銀座に行ってたの?」「まさか、ちゃんと着替えてたわよ」などと話をしながら「松屋の所にね、スエヒロっていう所があるから。

そこはランチが美味しいけど安いのよ」と教えてくれました。

そう言って母はテレビ台の鍵付きの引き出しからお財布を取り出して私にお金を差し出しました。

お金はいらない、と断ると「私が学生時代に通ってたところだからぜひ食べてきて感想を聞かせて頂戴」と手に握らせてきたので、軽い押し問答の所で旦那が戻ってきました。

私が何か言う前に母は「今、美味しいお店を教えてたところなのよ。

これから良かったら行ってきて」と旦那に言いました。

それから少し話し、十数分程したところで「疲れたし、ランチの時間もあるからもう行きなさい」と母に促されて病室を後にしました。

丸の内線で銀座まで移動し、目印の松屋を目指して歩いていきました。

旦那は東北の方からきたのでめったに銀座には着たことがなくドキドキしていたそうです。

松屋に着くと言われた通り、すぐにお店はみつかりました。

案内され、ランチを注文しました。

安いのにとても美味しく、来て良かったと思いました。

旦那も値段に対し味とサービスに驚いてました。

私は銀座と聞くと今はもう亡くなった母とのこのやりとりを思い出すのです。

銀座松屋レストラン街の蕎麦屋と銀座ウエストのロイヤルミルクティー

地方に住んでいると東京にはとても憧れます。

とくに銀座というと何だか敷居が高くて庶民が歩く場所ではないイメージがありました。

何年か前にコンサートで東京を訪れた際に、せっかくだから東京見物をしていこうと思い、興味のあった銀座に行ってみることにしました。

銀座は歩行者天国になっており、とても広々した通りで驚きました。

こんなに広いのに車が通らないなんて、なんて贅沢なんだろうと思ってしまいました。

昼食時に行ったので何か食べなくてはならず、どうしようか悩んで百貨店のレストラン街に行きました。

松屋という百貨店だったと思います。

地方では聞いた事のない百貨店だったので新鮮でした。

そこのレストラン街にあるお蕎麦屋さんで食事をしました。

東京でそばを食べるのは初めてだったのですが、濃いめのつゆで、そばがとても美味しかったです。

東京のそばは予想以上に濃い目で驚きました。

その後は特に用事もなかったのですが、せっかくなのでうろうろしてみることにしました。

見るものすべてが新鮮で、歩いている人がとてもおしゃれなマダムっぽい人が多いように思えました。

東京人は全体的におしゃれであかぬけてみえます。

でも思ったより庶民的なお店もあったりして意外でした。

裏通りなどに入ると昔からやってそうな洋食屋さんや小さなお店もたくさんありました。

結構うろうろ歩いていたので、少し休憩したくなってきたころに、小さなケーキ屋さんを見つけました。

間口が狭くて、入り口の横にウインドウがあり、ケーキやお菓子が並んでいました。

ケーキ屋さんで中に喫茶店もあるようだったので、ケーキに魅了され入ってみることにしました。

中に入ると意外に店内は広くて驚きました。

新しい感じではないのですがとても清潔感のある喫茶店でした。

レトロな感じで少し懐かしさを感じる店内で、テーブルには真っ白のパリッとアイロンがかかったテーブルクロスがかかっていました。

なんだか異空間に入り込んだ感じでとても居心地がよかったです。

ロイヤルミルクティーを頼んだのですが、今まで飲んだ中で最高のミルクティーでした。

ここで飲んだミルクティーは今でも忘れられない味です。

とても居心地がよくゆっくり休憩ができました。

後から分かったのですが、そこは銀座ウエストという有名なお店だったのです。

どうりでおいしかったわけです。

帰りにおみやげで買って帰ったリーフパイも最高においしかったです。

忘れられない味です。